発想力をのばす!こどものアートレッスン

講師: スドウヨシミ

講座概要 講座概要

子どもならではの「楽しむ力」や「自由な発想」をもっと伸ばすアートレッスンです。難しい技術や画力はひとまず置いておいて、絵を大好きになってもらうことを1番大切にしています。

料金 料金
回数券 1枚あたり 2,600円~
【マンツーマン講座】
30分/回数券1枚
60分/回数券2枚
90分/回数券3枚

受講時間例
30分… 60分集中できるかちょっと不安なお子さまに。
60分…集中して講師と絵に取り組みたいお子さまに。
90分…もっと講師と一緒に絵を描きたい!しっかりと作品作りをしたいお子様に。もしくはゆっくりーマイペースに取り組みたいお子さまにもどうぞ。

★講師のおすすめは60分レッスンです

※なるべく1回のレッスンで1作品の完成を目標にしておりますが、お子さんのその時の状況を見て次回に続きを行う可能性もございます

この講座は
こんな方におススメ

  • 絵を描くのが大好きなお子さま
  • お子さまに学校や園以外でもっと絵を楽しんでほしい保護者さま
  • 子どもならではの楽しむ力や自由な発想を伸ばしたい!
  • 夏休みに素敵な絵を描きたい!

この講座のポイント

POINT 1

オンラインレッスンならでは!ご自宅でアートを学べる

慣れ親しんだ机で、画材で、忙しい毎日の隙間の時間でリラックスしてアートを学べます。 レッスンでは手元カメラ(専用カメラ、iPhoneなど)をご準備していただき、講師が実際のお子さまの作業する手元を見て、リアルタイムでアドバイスをしていきます。もちろん講師も手元カメラがありますのでご安心ください。

POINT 2

キミの個性を大切にしよう!

子どもの発想力はとっても柔軟。ひとりひとりが自信を持って「自分らしさ」を出せるように講師がマンツーマンでサポートします。 隣で誰かが描いているとついつい似た描き方になってしまう…、自分って何か変じゃないかな?本当は自由にのびのび描けるのに、みんなで描くと少し緊張してしまう、そんなお子さまにもおすすめです。

POINT 3

現役作家と描く、こどものアート

現役作家の講師と一緒に、絵を描くための楽しい準備運動や面白い絵の描き方を学べます。絵を描くときに何を考えればいいの?肌の色って肌色で塗ってもいいの?など、気軽にたくさん質問もしてくださいね。 難しい技法は何もいりません。絵を描くって楽しいんだ!そう思っていただくことを1番の目標にレッスンを進めてまいります。

この講座で学べる内容

  • 自己表現する方法

    レッスンでは、絵についてお子さまとたくさん対話します。その中でこれはどんな絵なのか、どういう気持ちの絵なのか、たくさん講師に教えてください。講師はお子さまのアイディアを聞くのがっとても大好きなので、安心してどんどん教えてくださいね。自然と自己理解が深まり、話すことに慣れてくるとご自身の溢れ出てくるアイディアをスラスラとお話できるようになって普段のコミュニケーション能力にもプラスになると考えています。

  • 固定観念に縛られず描く方法

    「肌色って絵の具があるから肌はこれで塗ればいいよね?」とよくお子さまに質問をいただくのですが、本当にその色がこの絵にピッタリかなぁ、と講師が聞くとみなさんうーーーんと悩まれます。リアルな表現だと、肌の下には寒色系の血管があって、それが透けているからもっと青とか緑を混ぜると良い…etcありますが、そういうことではなく、オレンジとか、ピンクとか、その絵にぴったりの素敵な色があるはずだよ、自分で混ぜて作ってみよう!とお子さまにはお話しします。そうすると世の中にある色んなモノは決まった色で塗るというよりも、自分で考えて、その画面の中で素敵な色を作って塗るんだ!ということがお子さまの中で定着していきます。

  • 自己肯定感と達成感を得られる

    この講座では、絵を描くことでお子さまに自己肯定感や達成感を上げてほしいと思っております。マンツーマンの特徴を活かして他の生徒さまがいない環境で講師が一対一でアドバイスとサポートをしておりますので、絵のアイディアや絵の具の乗せ方、形の取り方などお子さまがレッスンの中で講師に見せてくれる様子に細やかにフィードバックをしていきます。複数生徒さんがいらっしゃると見落としてしまうような小さなことも「これすごくいいね!どうやって考えたの?」等の対話をしていきます。だんだんと自信がついてくると、「先生いいこと思いついたよ!」「これ見てみて!面白いのできた!」とキラキラの笑顔で色んな考えを講師に教えてくれます。

お好きな講座を入校前に1回だけ無料体験できます!
ぜひアートスクール オンライン講座を体験ください!

レッスンの流れ

  • まずは準備運動!連想ゲームや有名な絵を見て考えてみよう。

    レッスンが開始したらまずは連想ゲームをしてみよう!慣れてきたら昔の人が描いた絵画やイラストレーションを見て、この絵は楽しい絵?悲しい絵?何が起きてるんだろう?と講師と一緒に考えてみよう。

  • 思わず笑っちゃう⁉︎楽しいテーマ出題

    毎回絵のテーマを講師が出題していきます。お子さまに合わせたテーマを講師が出題しますので、思う存分空想の世界に入り込んでみてください。テーマからどんな想像をしてみた?主人公は誰?どこにいるの?どんな気持ちの絵かな?お子さまとお話をしながら世界観をどんどん深めていきます。慣れてきたらくじ引きで3ワードのテーマを決めることもあります。例えば、おっちょこちょい、ブタ、魔法使い、の3ワードで「おっちょこちょいなブタの魔法使い」(もしくはブタとおっちょこちょいな魔法使い、でも何でもok!)
    自信を持って自分の考えを講師に伝えてみましょう。

  • イメージが湧いたらどんどん描こう!失敗を怖がらないで

    描くときは怖がらなくても大丈夫。もしうまく行かなくても講師がきちんとお子さまの手元カメラを見ながら「絵の具の水分が多かったね」「そこは色鉛筆にしてみようか」など、お子さまがちょっと気に入らなかったな…、という原因を一緒に考えていきます。そういった工程がとても大切ですし、それが次の絵に活きるということを長期的に体感してほしいと願っております。

絵に慣れ親しむということ

 

 

絵に慣れ親しむとどういった良いことがあるでしょうか?例えば自己表現が上手になったり、色彩感覚や空間把握能力に長けたり、総合的なセンスを養うことができます。感動した経験を絵に描いて残したり、部屋に合う素敵な作品を自作することだってできます。子どもの絵画からステップアップして専門的な絵画にチャレンジしたり、イラストレーターになったり、デザイナーになったりと、専門的な職業もたくさんあります。

ただ、小さい頃は絵を描くことが大好きな子どもたちも、成長と共に勉強やスポーツや好きな音楽の陰に美術が隠れてしまうことはよくあります。忙しい毎日の中で他にやるべきことがたくさんあって、そういえば子どもの頃は絵を描くのが好きだったな…と、そんな保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?成長するに従って「恥ずかしい」「上手じゃないかも」と思ってしまうこともありますよね。

この講座では、難しい技術はあとから習得するものとして、どうやって楽しく魅力的な絵を描くかということに焦点を当てていきます。成長すれば幼いときよりも多角的な視点で、いわゆる上手に描けるようになることは確かです。それでも上手く描くということは自分の今描いている絵に疑いを持って、修正してどんどん精度を上げていくというかなり忍耐力の必要な作業です。そのため、お子さまは幼いうちは上手く描こうと焦る必要はないと私は考えています。大切なことは、その時まで「絵が好き!」という気持ちを持って描き続けているかどうかだと思うのです。まずはのびのびと自己表現を楽しんでいきましょう!

 

カリキュラム例

★野菜や果物を描きながら、画材の使い方に慣れよう!

★夏に関わる楽しいテーマの絵を描こう!

★塗って塗って!切って切って!貼り合わせて不思議な絵を作ろう

★野菜スタンプを使ってオリジナル動物をデザインしちゃおう!

★物語の1シーンを想像して絵を描いてみよう

※上記は一例です。お子さまの年齢やお好きなものによってカリキュラムは変わります。

 

 

講師よりメッセージ

大人が思わず嫉妬してしまう、子どもの柔軟な発想力と表現

お子さまの頭の中は現実と空想を行き来するような自由な発想にあふれています。大人には敵わないなぁ…と思わされることも多々です。同時に周りをよく観察できる年齢になると「水は青く描くんだ」「肌は肌色で塗るんだ」と決められた枠の中に収まってみんなで同じように描いてしまうこともあります。もちろん間違いではありませんが、本当にその表現がお子さまのご本人のお気に入りなのかどうか、講師とレッスンの中で対話していきます。そうすることで自然と色や形、ものを見る力も養われていくはずです。

イラストレーション

スドウヨシミ Sudo Yoshimi

受講生の皆さまと同じように、私も良い絵が描きたいと日々模索しています。 自分の表現したいものに正直に、一生懸命向き合って描くことが大切だと思いますので、是非作品づくりのお手伝いをさせてください。 一緒に楽しく絵を描きましょう!

Profile

受講生さんからのご質問

画材は何を用意したら良いですか?
学校で使う画材をお持ちの場合はそちらを使って描いていきましょう。もしお持ちでなくても、学校用の水彩絵具やクレパス、色鉛筆など、特別なものでなくても大丈夫ですよ。アクリル絵の具に挑戦したい!なども大歓迎です。また、紙はA4〜A3サイズを推奨しておりますが、手元カメラの画角に入るかどうかをご確認ください。
保護者は同伴した方が良いですか?
お子さまのご年齢にもよりますが、最初の数回はご同席をお願いしております。レッスンにも画材にも慣れてきて、決められた時間しっかりと着席が可能でしたら保護者さまには毎回ご同席をお願いすることはございません。ただし、絵の具の蓋が開かない、筆洗いバケツをこぼしてしまう…等ちょっとしたアクシデントもございますので、必ずお子さまの声の届く範囲にいてくださるようお願いいたします。また、レッスンはすべて録画をさせていただいておりますので予めご了承くださいませ。
よくある通うタイプの絵画教室とはどういったところが異なりますか?
オンラインでのご受講になりますので、ご自宅でアートを学ぶことが可能です。忙しい時間の合間に、よく慣れた環境でリラックスして絵に取り組めるのはお子さまにとってのメリットのひとつと考えております。また、通うタイプの教室は生徒さまが複数いらっしゃる場合が多いですが、こちらの講座は完全マンツーマンでの開講となりますので、他のお子さまに気を遣わずにのびのびと過ごしていただけます。
きょうだいで一緒にグループ受講させたいのですが、可能ですか?
お子さまひとりひとりとしっかりとコミュニケーションを取るため、グループレッスンは行っておりません。申し訳ございません。
ただ、60分(もしくは30分)ずつ順番にご受講いただくことは可能です。間に休憩時間を挟むことなども臨機応変にご対応いたしますので、講師までご相談くださいませ。

講座概要

講座名
発想力をのばす!こどものアートレッスン
開講日時
【夏休み特別スケジュール】
7月の開講予定日…7/23の15:00〜16:00
7/24、7/31の10:30〜11:30

※曜日、お時間のリクエストがございましたら講師までご相談ください。スドウの他の講座にまだ空きがある場合はご予約をお受けできる場合がございます。
※受講枠は先着順で満席となります。
受講時間
受講時間例
30分… 60分集中できるかちょっと不安なお子さまに。
60分…集中して講師と絵に取り組みたいお子さまに。
90分…もっと講師と一緒に絵を描きたい!しっかりと作品作りをしたいお子様に。もしくはゆっくりマイペースに取り組みたいお子さまにも。
講座形式
オンラインマンツーマン講座
対象年齢
幼児〜小学生※保護者さまにはご同席、または同じ空間にいていただくことをお願いしております
ご用意頂くもの

鉛筆
絵の具
クレヨン
色鉛筆
手元カメラ(初回レッスンの際にご説明致します。)
その他
※レッスンの品質向上、またトラブル防止のためにレッスンの様子を録画させていただいております。プライバシーを遵守し、厳重に保管いたしますので何卒ご了承ください。

講座レビュー

レビューはまだありません