版画コースメンバーの活躍をご紹介します!

こんにちは!
版画コース講師の山内です!
さて、今月のブログでは6月の予告通り、版画コースメンバーの活躍をご紹介します!

①堀口知子さんが6月末まで個展をしていました!
https://www.art-school.co.jp/info/exhibition/15057/

↑堀口さんの作品も奥に飾っているココ、一体どこだと思いますか?
個展会場はどこの国でもなくウェブサイト…なんとオンライン個展なのですΣ(゚o゚!?
こういう展示、面白くて良いですね!
コロナ対策もバッチリです!

②ミノヨシコさんの絵本が発売になりました〜!
Amazonで販売中!おめでたーい!o(^o^)o

8月には個展もあります!
会場ではTシャツとかも販売するそうですよ!
↓↓個展の詳しい情報はこちらから!↓↓
https://www.art-school.co.jp/info/exhibition/15251/

③実験的な版画を制作中!
ここ数ヶ月「なんか技法で面白い効果出ないですかね?」と質問をする生徒さんが続出!
私はゴリゴリの具象描写タイプですが、版画コースにも描きこむタイプの方が多いです。
ですので、今まで紹介してきた版画も基本的にそういう感じが多かったかな?と思います。
が!!版画で出せる効果は色々あるのです!

↑ちなみに「具象で緻密に描いた銅版画作品」はこんな感じです!
2020 ホームページコンペ展覧会に出していたNIYARIさんの銅版画です!
7月末で終わっちゃいましたが…!

↓実験的な版画はこんな感じに仕上がります!↓
こういう絵は今まで紹介したことが無いと思いますが、これも版画です!

(↑web広告みたいになってしまいました…!((+_+)))
「えっ!アレがこうなってコレがあーなるの!?」というトリッキーな技にみんな興味津々の様子でした。
しかも物凄く簡単!
上の版画は私が、左:20分くらい、右:5分くらいでビャーっと作ったものです。
(※完全に乾くまでには時間がかかりますが)

コロナの状況が落ち着き次第、ワークショップでもしようかな!?と現在企画中!
これを見て興味をお持ちになった方には、その際にご参加いただけたら嬉しいです!
緻密な絵が描けなくても大丈夫です☆

と言うわけで、10月のブログでは実験的な版画を中心に、色々とご紹介しようと思います!
今年の夏は個人的には過ごしやすいですが、水分補給を忘れずに
体調には気を付けてお過ごしくださいね。

版画コース
山内あすな

 

 

版画コース講師

山内あすな

 

 

山内 あすな

山内 あすな
Profile
‘14 京都精華大学大学院修士課程版画専攻修了
   17th International Graphic Art Triennial Frechen (フレッヒェン/ドイツ)
‘15 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ (多摩美術大学美術館)
‘16 Mini Print International of Cadaques (カダケス / スペイン)
‘17 Miniestampa TGB-eMe (メキシコシティ/メキシコ)入賞
Message
版画の良いところはたくさんありますが、
私が気に入っているのは、作品サイズが大きくなっても軽く、
海外に簡単に送れるところです。
版画は学べば学ぶほど面白くなる技法です。
一緒に学んでいきましょう。
ArtWorks
講師インタビュー

 

 

版画コースのコース紹介はこちらから

版画コースのコース料金はこちらから(美術科の下に表記有りです。)