好きな絵に対しての接し方について

私、松田一聡はいわゆる写実的な絵画を制作しております。

ですが、好きな画家を尋ねられて、

名前をあげる画家は、いわゆる写実的な(写真のような)作品を描く画家ではなかったりします。

ここ数年ずっと好きなのが笠井誠一とモランディです。

出典:笠井誠一
美術の窓 2016 1月号 No,388
P48

出典:GIORGIO MORANDI
INFINITE VARIATIONS
ジョルジョ・モランディ
終わりなき変奏
発行:東京新聞
©2015 The Tokyo Shimbun
P66,67

この人たちの作品はずっと見ていられます。

もういいやっていうタイミングが全然来ない。

目が見ることを欲して止まない。

展覧会に行っても順路を何周も往復して気にいった作品を何時間も見てます。

最近好きなのはルシアン・フロイドです。

出典:LUCIAN FREUD
Sebastian Smee
TASCHEN
P68,69

この画肌とタッチとモチーフの選択がクセになります。

他にもセザンヌやブラックも好きです。

ですが、ここにあげた画家たちの作風から学ぼうとか真似しようとかは全然思わないんですね。

好きな絵を見る時は仕事としての自分の作品のことなんか忘れて、

その絵と向き合って純粋に楽しみたいんですよね。

なんかええとこパクったろうとか雑念が入ると全然楽しくない。

天邪鬼なようですが、好きな絵に対してはそうやって接してます。

 

 

 

松田 一聡

松田 一聡
Profile
‘01 東京藝術大学大学院油画技法材料研究室修了
‘12 「重力」展(Gallery Suchi)
‘13 アートフェア東京 2013(Gallery Suchi ブース)
‘14 「重力」展(Gallery Suchi)
‘15 「重力」展(Gallery Suchi)
   「写実って何だろう?」(ホキ美術館)
Message
絵画を学ぶにあたって、1つのことに集中することも大切ですが、
いろいろな表現に挑戦することで得られるものもあると思います。
ArtWorks
講師インタビュー

 

 

美術科のコース紹介はこちらから

 

美術科のコース料金はこちらから

 

デッサン基礎科のコース紹介はこちらから

 

デッサン基礎科のコース料金はこちらから

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
このページのトップへ