春の公募展へ向けてラストスパート!受講生の制作風景をお届けします

こんにちは!版画コース講師の山内です。
すっかり暖かくなり、桜の季節になりましたね。
版画コースの面々は春の公募展のラストスパート中です。
今月のブログでは、そんな熱心な生徒さんたちの様子をザザッとご紹介します!

 

 

レースが好きな女性必見!

大村さん作品のこの背景のレース模様、実は手で描いていません…!
銅版で使うグランド:銅版の上に塗る防蝕剤、「ソフトグランド」を使用しています。

基本的には、この藤江さんの作品のように「鉛筆のような線」を描けるグランドです。
応用編として、レースのような凹凸のある物体を写し取ることができるのです。
葉っぱの葉脈なんかも写し取れますよ~!

↑あれっ?なんだか見覚えのある顔……
これは生徒さんが描いた、美術科の藤原講師です!
私や平田講師も時々練習台になっています。

この絵の作者は、現在、主にニューヨークで展示中の堀口さん。
堀口さんは、「切手のキ」という、切手についてひたすら語っている自費出版本を姉妹で出しました!お姉さんの文章に、堀口さんが挿絵を描いています。最初のお話は「妹の首に縄をかけて売りに行く、ウサギのルーク」の切手について……、お手紙にこんな切手が貼られていたら、意味深すぎてドキドキしてしまいますね!

 

 

 

 

入学したばかりの人については6月のブログで詳しく取り上げようと思っていますが、今月でも少しご紹介!

こちらの生徒さんは、入学して3ヶ月ですが、スペインの公募展に向けて制作中です~!
公募展にどんどん出していきたいという事だったので、公募展を軸に授業を組んでいます。
描きたい絵・したい事が決まっている方は、こんな風に決まった
カリキュラム:こちらで用意した絵を使い、一つずつ技法を習得していく授業。
全ての技法を一通り学んでから自分の絵を決めていきたい方向け
をせずに、
個性に合わせた指導を受ける事も可能です。
自由度が高いコースなので、一緒に相談しながら方針を決めていきましょう!

 

 

他コースの方も、事務局の方で予約していただいて受講できます。
一回ハマると抜け出せなくなると恐れられている版画沼へ、いつでもお越しください☆ o(^o^)/

 

 

版画コース講師
山内あすな

 

 

 

山内 あすな

山内 あすな
Profile
‘14 京都精華大学大学院修士課程版画専攻修了
   17th International Graphic Art Triennial Frechen (フレッヒェン/ドイツ)
‘15 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ (多摩美術大学美術館)
‘16 Mini Print International of Cadaques (カダケス / スペイン)
‘17 Miniestampa TGB-eMe (メキシコシティ/メキシコ)入賞
Message
版画の良いところはたくさんありますが、
私が気に入っているのは、作品サイズが大きくなっても軽く、
海外に簡単に送れるところです。
版画は学べば学ぶほど面白くなる技法です。
一緒に学んでいきましょう。
ArtWorks

 

 

版画コースのコース紹介はこちらから


版画コースのコース料金はこちらから(美術科の下に表記有りです。)

 

版画コースpresents 銅版画・木版画ワークショップへのご参加もお待ちしております。

詳細は以下のバナーより

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
このページのトップへ