デジタルでのラフ制作のコツ

こんにちは、コミックイラストコースの榊です。

今回はラフを制作する時に使えるコツのご紹介です。
線だけでラフを描いていると気づかなかったのに、いざ線をクリンナップしたり、色を塗った時に「何か物足りない」とか「ここの構造が曖昧でよく分からない」なんて部分が出てくることがあるかと思います。

例えば髪の毛を塗ってみてたら前髪の部分が空いてたり…風になびくロングヘアーがもっさりしてたりなんてことが良くあります。

 

 

ざっくりラフ描いてみました。線画に進む前に一工程挟んでみましょう。
簡単に色をのせてみます。

線だけで描いていた時には気にならなかった髪や体も…

 

 

色も塗ってみるとすぐに足りない部分や多い部分が分かりやすくなります!

線だけでなく塗りで形を取ってから線画作業に進むと、上記の失敗を防いだり、前後感が曖昧な部分も分かりやすくなると思います。

 

 

整えてみました。ここで一晩寝かせるのもいいかもしれません。

この方法は他にもファンタジーに必須な剣や鎧などの凝った装飾装備やメカのデザインを複雑にしたい!というような時にも立体的に捉えられるので制作しやすくなると思います。
背景がしっかり入った一枚イラストの時も線画だけで要素を描くといっぱい描いたつもりでもスカスカでがっかり…。ということも防げるので、ぜひ活用してみてくださいね!

線画整えて完成まで!
一手間増やすと構図やデッサンだけでなく色味も客観的に見直せるのでおススメです。

 

 

榊 典子

榊 典子
Profile
アートスクール大阪コミックイラストコース修了
アートスクール修了後、フリーで活動。
モバゲー、バンダイナムコゲームスを始め多数ソーシャルゲームのイラストを制作。
Message
子供の頃から誰かの描いた素敵な絵を見ては心躍らせていました。
こんな素敵な世界を自分で描けたら!そう思って出来上がるのは想像とかけ離れたものばかり。
そのギャップを埋めていくために一人で試行錯誤することも大切ですが、
相談できる先生や 仲間がいることはかけがえのない力です。
今度は自分の描いた絵で誰かにワクワクしてもらえるーそんな経験が出来るよう、お力になれたら嬉しいです。
ArtWorks

 

榊講師が在籍しているコミック・イラストコースのコース紹介はこちらです。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
このページのトップへ