アートイラストコース生の活動(ギャラリー展示)

誰しも自分の作品がどのように思われているのか、どのように見えているのかは少なからず気になるところですが、他人の目を通すことによって見えてくるものもあると思いますし、人に伝えるという仕事をされる場合、そこのところはとても重要な部分でしょう。

アートイラストコース生のみなさんはそれがどんな形にしても、他の人に見てもらおうという気持ちで勉強されてる方が多いです。スキルアップするごとに、次のステージに上がるごとに見てもらいたいという気持ちは強くなるかもしれませんね。

SNSであったりコンペだったり、作品の発表の場はいろいろあります。個人でネット上にお店を出すことだってできる今日この頃です。でもやっぱり原画や実物を見てもらうにはどこかで展示することになります。思いつくのは画廊やギャラリーやイベント会場でしょう。幸い、街の小さなギャラリーさんは多様になりリーズナブルな価格でレンタルできるところも増えてきたように思います。また、比較的新しいギャラリーでもSNSなどの情報によって探したり知ることができるようになったのも利用しやすくなった要因でしょうか。

そこでアートイラストコース生がどのようにギャラリーを利用したり、イベントに参加したりしているのか少し紹介してみましょう。

先日行われた中崎町博覧会、通称「なかはく」です。大阪中崎町をモノづくりの町として盛り上げるためのイベントで、葉村温泉をはじめ多数のお店がギャラリーとして参加しています。

アートスクールも協力しているので、アートイラストコース生のみなさんもポストカードやグッズ類、またノベルティー用のアイテムなども制作し積極的に活動されていました。

近くの中崎西のギャラリー「hakomittsu. 」さんでは、アートイラストコース生のERiN yuさんの展覧会が開催されていました。グリーンシティという建物の202号室です。階段が急になっています!

ERiN yuさんはイラストだけでなく彫金で作ったアクセサリーや写真・冊子なども制作されていて、ギャラリー内はクールなミント色でしたが、ERiN yuさんの人柄がそのまま出てるような温かな雰囲気がありました。

素敵な空間ですね。作品とギャラリー空間がとてもマッチしていて居心地がいいのです。写真は撮れませんでしたが反対側にはERiN yuさんデザインのTシャツも並んでいましたよ。

そこからアートスクールの方へ少し南に戻ると「創作空間caféアトリエ中崎町店」さんがあります。ここでは同じくアートイラストコース生のS字フックさんがドローイング・イラストをたくさん出品されていました。

創作空間caféアトリエさんは、お絵かきカフェというコンセプトで営業されていますが、作品の展示スペースがあり定期的に公募展を開催していて、その場で作品を購入できるようになっています。カフェの中にギャラリーがあるそんなお店も多いですが、コーヒーを飲みながらイラストを鑑賞するのもいいですよね。

壁面にはS字フックさんの1点1点渾身を込めた繊細なペン画が並べられていています。原画も即売ですのですぐに持ち帰りできます。コレクションにいかがでしょうか!

ウインドウにもグッズ類が並んでいますが、窓際のテーブルにはS字フックさんの手作りチャームや色紙、缶バッチなども置かれていました。

さて次はふた駅ほど場所が離れて、福島区にある studio coote gallery(スタジオクート ギャラリー)さんに移動しますと、アートイラストコース卒業生の mika さんが参加されてる、第5回 犬のグループ展「いぬてんGOゴー!!」が開催されていました! 主催もアートスクール卒業生の犬田いぬらさんです。

スタジオクートギャラリーはデザイナーの小西慎一郎さんが運営するショップとカフェが一緒になった空間です。オフィース街の隠れ家的な感じでしょうか。ギャラリーは小さな部屋が2つあって、 イラストなどを展示するにはちょうど良いスペースになっていると思います。

「いぬてん」は場所を変えながらも今回で5回目ということで、グッズ、イラスト共に充実した展示になっていました。いぬたいぬらさんもmikaさんも卒業してからも制作されていて、進化しているところを見ると嬉しいです。案内をもらえるのも嬉しいですね。

どうですか?所狭しとグッズ類が並んでいますね。かわいくおもしろい犬たちに出迎えられて、これは犬好きにはたまらないのではないでしょうか・・

アートスクールに戻って来れば「秋の女子文具展」が開催されていました。アートイラストコース生の作ったポストカードやノート、シール、レターセットや手鏡などが販売されています。もとになった原画も展示していますよ!

この写真を撮ったあと、商品がより見やすくレイアウトが変わりました。
(変更後のはアートスクールのインスタグラムをご覧ください。)

アートイラストコース生の個性豊かな作品が並んでます! 制作している現場を見ているのでちょっと贔屓目に見てしまいますが、発想が面白くそれぞれ自分の好きなものを追求しているのがすてきですね。

アートイラストコース生はいろんな画材やデジタルの基礎勉強している方も多いですが、ギャラリー出品などを通して自分の作品がどう見えるか、今後必要なスキルはなにかを考えたり、出品者同士のつながりやギャラリーとのつながり、そして、自分の表現方法だったり発信の方法など色々と模索してる方がたくさんいらっしゃいます。

ここで紹介しているアートイラストコース生の活動はほんの一例ですが、コース内で仲間になったり互いに刺激し合っている姿は熱くエネルギッシュです。アートイラストコースでも基礎課題だけでなく、そういった発表に向けての課題やモノづくりの設備を用意して活動を応援しています。

 

オカモトショ ーゾー

オカモトショーゾー
Profile
大阪府出身
Nordbrücke版画工房に従事しリトグラフを制作。
1982年大阪靭ギャラリーにて初個展。
造形教室を主催し、油彩や3DCG、
ペーパークラフト、フィギュアなどを制作。
大阪市都市協会ギャラリーにて優秀賞受賞。
ペパクラデザイナーコンテストにて最優秀賞受賞。
Message
変わらない大事なことも多いですが、
技術や流行は変化し流動的です。
同じく個人の世界も絶えず変化しているのでしょう。
そんな中でみなさんといっしょに表現するすべを
楽しくあるいは迷いながら発見し、
学んで行けたらと思っています。
ArtWorks
講師インタビュー

 

 

 

アートイラストコースのコース紹介はこちらから

アートイラストコースのコース料金はこちらから