NEWS

春の写生会レポート

令和3年4月11日 日曜日 10:00〜16:00
京都市伏見港公園周辺

参加人数11名

コロナで中止になっていた写生会をおよそ1年半ぶりに開催いたしました。
自粛も大切なのですが、青空の下での写生会は心のビタミンとなるようで、今回は告知後たくさんの方に参加申込みをいただきました。
コロナ対策を行いながら、春の伏見を楽しんでいただきました。

日曜ごとに不順な天気が続いていましたが、この日は朝から晴天で絶好の写生会日和。
皆さんの描きたいという気持ちが天に届いたようです。

集合の後皆さんと三栖の水門へ。
十石船の船着場と資料館を見た後皆さん思い思いの写生場所に移動。
一番人気は水濠と酒蔵が並ぶ写生ポイント。

 

今年は桜の開花も早く、当日はほとんど葉桜になっていました。
ただそのおかげで例年なら観光客で賑わう伏見も、思ったほど人もおらず、コロナ禍の中、密になることもなく制作に集中できたようです。

ペン画や、水彩、そして油彩など皆さん思い思いの画材で春の伏見を楽しんでおられました。
酒蔵に柳、そして水路と描く要素の多い場所ではありましたが、そこはさすがのスクール生。
短時間ではありましたが、とても素敵な風景画を描いておられました。

私もちょっと時間を見つけてペン画と水彩を作成。
たまには屋外で描くのもいいものですね。
楽しい時間を過ごすことができました。

最後は公園内の日陰でプチ合評。
今日の成果をみんなで鑑賞して御開きとなりました。
まだまだコロナの収束が見えない日々ですが、外では三密になることもなく、日々のストレスを忘れることができたのではないでしょうか。

1日も早く心の底から楽しめる日常が戻ることを願いつつ春の写生会をレポートさせていただきました。
美術科講師 佐川俊浩

 

 

 

写生会は通常授業以外で参加できる大好評のイベントになります!
無料セミナーも充実していますので、ぜひチェックしてみて下さい。