WORKS

『はるかなるは』さん作品


38×27cm

アートイラストコース在籍の、はるかなるは さんのオイルパステルによるスクラッチ画です。
水の底のような風景で、そこにはさらに川が流れているような幻想的な光景です。

クレパスを重ね塗りして、削って絵を描くスクラッチ画は、誰でも子供の頃にいちどは経験したことがあるんじゃないでしょうか。水彩絵の具やオイルパステルで描画した上から覆い隠すように、再度オイルクレパスで塗りつぶし、それを削り取るようにして絵をかいていくのは宝物を掘り出すようなワクワク感がありますね。

はるかなるは さんは漠然としたイメージだけで描き進めているようです。しかし、下塗りの段階でオイルパステルをこすってみたりと最後に浮き上がる色やタッチを予想されていたのかもしれません。仕上がりではそれが面白い効果となって出てきています。


部分拡大

スクラッチに使う道具はいろいろありますが、今回は爪楊枝や割り箸、竹の粘土ベラなどを使用しました。使う道具によっても表情が変えられるのは楽しいですね。