福山竜助講師インタビュー

LINEで送る

今回の特集講師インタビューは、アートイラストコース講師の福山先生に絵を学ばれた大学時代、絵を描くようになったきっかけなどをお伺いしました。

絵を描きはじめたきっかけ

―― 絵を描きはじめたきっかけは? また絵はいつ学ばれたのですか?

 昔から絵を描くことや何か作ることが好きで、ちいさな頃から絵を描いていました。絵を描く、何かを作るということがとても身近なことだったと思います。
 とくに絵を学びに行ったということはありませんが、他の何人かの先生方と同じように、好きな漫画を真似て描いたりしながら、線で形を捉える感覚を学んでいったように思います。そういった意味では、漫画から大きな影響を受けたと思います。

 そして絵画を明確に学びだしたのは大学に行ってからです。大学では、1年生と2年生の時に、絵を描く基礎技術とコンピュータの操作技術を習得しながら、美術やデザインといった知識を吸収していきました。3年生と4年生になってからは、皆それぞれ個別に表現を模索する授業を受けると同時に、個性的な授業がたくさんありました。
 ドローイング(素描)を何枚も描き、出来たドローイングをみて、考え、また何枚も描き続けるといった授業は、印象的でした。とにかく手を動かして、考える、手を動かして、考えるといった授業で学んだ一連のサイクルは、今も何らかの影響を与え続けていると思います。

 大学は、ひとつの大きなアトリエの中で、皆それぞれ表現について考え、絵を描く場所を学生に提供していました。そうした場所があったことは、とても大きな刺激になったと思います。
 様々な人の制作した作品や考えに触れることによって、いろいろな作品を観ることの大切さを知るきっかけにもなりました。そうして、価値基準となるものさしが作られていったのだと思います。

アートスクール講師を始められたきっかけ

―― アートスクール講師を始められたきっかけ アートスクールの魅力は何だとお考えですか?
 講師の求人を目にして、応募したことがきっかけでした。アートスクールは、ゆるやかな雰囲気がある学校なので、楽しく続けさせていただいています。
 アートスクールの魅力は様々な出会いです。
 いろいろな夢や希望、目的を持って絵に向き合っている方々との出会いや交流によって、絵の感想や絵にまつわる情報を交換しながら、日々、新たな発見や学びがあります。
 一人で制作していると、こうした周囲からの刺激があまりありません。なので、こういった出会いと交流によって、影響を与え合う共同アトリエのような環境はとても大切です。
 アートスクールでは、授業を受ける時間を自分で好きに決めることができ、作品をマイペースに制作することができます。また、カリキュラムも講師と受講生が一対一で会話をしながら、技術のレベルや目標によって、一人ひとりの学生に合わせていきます。
 そうした自由があることも魅力のひとつだと思います。だからこそ、楽しく絵を描いている方、目標に向かっている方、黙々と没頭している方、と様々な方々が通われているのだと思います。

「講師」をどのような想いでされていますか

―― 「講師」をどのような想いでされていますか?
 私たちは、一人ひとりまったく違った個性を持っています。その個性を一番活かすことができる絵を、どうすれば作ることができるのかを常に考えながら、受講生と接しています。皆それぞれの線や形の描き方を持っていますが、それを引き出し、作品に活かせるようにお手伝いすることが大切だと思います。
 また、アートイラストコースでは絵を作ることだけでなく、アートイベントや展覧会での展示やウェブサイト、ブログ、ポートフォリオ、ポストカード、フライヤー、その他のイラストを活かしたグッズなどの作り方についてのお手伝いもしていきたいと思っています。

通信講座について

―― 通信講座について、通信添削担当講師としては、いかがですか?
 通信講座を添削するときは、説明の文章に絵を織り交ぜながら、なるべく目で見て理解していただけるように心がけています。
 直接会って話しながら伝えることと違い、直の反応がわからないので、なかなかやりとりに難しさを感じることもありますが、課題が進むごとに絵の技術の上達がわかるので、安心するとともに嬉しくなります。
 ただ、もしも来校することが可能な距離であれば、ぜひスクーリングに来ていただければと思います。直接会って話したり、画材の使い方を直に見せることで伝わることも多いからです。一人だと、なかなかわからない疑問も解消することができると思います。

さいごに

―― では、最後に今回のインタビューをご覧になっている皆さんに伝えておきたいことはありますか?
 趣味を探している方、絵に興味を持ち始めた方、趣味を充実させたい方、副業として絵を描きたい方、そしてプロを目指している方、ぜひ一度アートスクールに来校していただければと思います。

「絵の初心者だから」あるいは「絵が下手だから」と思わずに、ぜひ一度チャレンジしてみてください。
 一歩を踏み出すには勇気がいりますが踏み出すことができれば、きっと得るものが沢山あることと思います。
 絵を上手く描くことができなくても、楽しみながら絵を描いていけば、必ず絵を描く技術は上達しますし、魅力的な絵を描くこともできるようになります。

 また、アートスクールの皆さんは「何かを描きたい」「表現したい」という気持ちや目標を持つ受講生が多くいます。そうした、いろいろな人の作品や制作する姿を近くで見るということは、大変勉強になりますし、きっと良い体験になるでしょう。そうした体験は、一人で絵を描いているとなかなかすることができません。そしてそのことは、後々良い刺激として影響をもってくると思います。
 それでは、皆さんと一緒に学べる日が来ることを楽しみにしています。ご来校される日を、心よりお待ちしております。
 このたびはインタビューをご覧いただき、ありがとうございました。
―― ありがとうございます!
福山 竜助 プロフィール
福山 竜助

’81 大阪府出身
’08 愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 修了
ドローイングを主軸に制作を行いながらART方面にて活動中。
“Trance form” 展、「The floating form」 展、” Experoenced form” 展などの展覧会を行う。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
求人情報
このページのトップへ