富畑満理枝講師インタビュー

LINEで送る
key

「絵」を仕事にしたい。原点はそこでした。
最初に手にしたキャラクターものは幼稚園の頃、亜土ちゃんの赤い筆箱。今思えばその頃からこんな絵を描く人になりたいとずっと思っていました。

きっかけ~学生時代

幼稚園の頃の絵

幼稚園の頃の絵

―― 絵を描きはじめたきっかけは?
 物心ついた時からなんとなく…
 たぶん多くのイラストレーターさんがそうであった様に、私も絵を描くことが大好きな子供でした。超インドア派で幼稚園でも皆が外で遊ぶ中、ひとり教室で絵を描いていたとか…小学校の時、図工の時間が終わって国語に突入しているにも関わらず描くことを止められず、何度注意されても止められず、とうとう親が学校に呼び出されました。その後何故か病院へ脳波を測りに行った覚えがあります。きっと親もいろいろ心配だったんでしょう。(笑)
 4 年生の時に担任だった新人の熱血先生は、私が描き終えるまで放課後ずっと付き合ってくださって、絵を描く事、それを完成させる事の喜びを教えていただいた気がします。
―― 学生時代は?
 中学、高校時代の私のバイブルは漫画でした。たくさん読んで沢山影響を受けました。中学は美術部か漫研へ入るのかと思いきや、「ガラスの仮面」に憧れて演劇部へ入部しました。(笑)そこには紫のバラの人も月影先生もおらず、でも大道具でまさかの実力発揮!!
 高校でようやく美術部へ。ここで美大を受験する先輩たちを見て、私も行きたいと強く思う様になりまし た。やっぱりまたもや漫画に影響されました。知る人ぞ知る、くらもちふさこ先生の名作「銀の糸金の針」 芸大が舞台の恋と友情の物語。受験勉強の原動力に(笑)
大学時代
 大学は一番楽しかったです。何よりここで運命的な出会いがありました。ノートや T シャツのイラストを描くアルバイトです。完全歩合でバブル当時としては割りの悪いバイトでしたが、自分のイラストが商品になる事が嬉しくて嬉しくて!!主に量販店で販売される T シャツなのですが、初めて街で着ている人を見かけた時はしばらく後をついて行きました(笑)徹夜で描いて描いて描きまくりました。当時はPCもなく作業はすべてアナログ。 色鉛筆や絵の具、筆、ペン、ロットリングの使い方を学校ではなくここで叩き込まれました。いっぱい遊んでいっぱい描きました。

就職、そしてフリーへ

―― 就職は?
 学校の課題ではなく…アルバイトの作品をポートフォリオにして就職活動です。イラストレーション事務所に入社しました。先輩イラストレーターのアシスタントやキャラクターグッズの制作が主なお仕事でした。時代はDCブランド、インポートブランド全盛期。街ではブランドロゴのショップバッグを片手に闊歩する人々が多い中、キャラクターは氷河期で、事務所はキャラクターグッズよりイラストレーションに業務を移行しつつありました。大橋歩さん(ファッシンブランド PinkHouseのDM)、原田治さん(オサムグッズ)、仲世朝子さん(雑誌「Olive」にのんちゃんジャーナルに連載)、と今でも名だたるイラストレーターさん達が活躍されていて、わたしもいつかこうなりたいと思いました。雑誌「Olive」に挿絵を描く事が夢で、イラストの公募展にも一番応募していたのがこの頃だったと思います。事務所を閉める事になり退職しました。
詩とメルヘン 月例入選作品に掲載

詩とメルヘン 月例入選作品に掲載

雑誌装苑のおたよりコーナー

装苑のおたよりコーナー掲載

初めて名前が掲載されたお仕事

初めて名前が掲載されたお仕事

 キャラクターブーム再来!
 キティーちゃんのブレイク等もありステーショナリー業界が活発になり、大阪にも新しいメーカーがチラホラ立ち上がり。この頃ステーショナリーメーカーに転職しました。新会社の初めてのデザイナーで入社しました。本当に忙しく毎日終電での帰宅でしたが仕事が楽しくて仕方ありませんでした。
アナログ時代

アナログ時代

デジタル時代

デジタル時代

 入社して1年後ぐらいに、Macが導入される事になりました。きっかけは3Dキャラのブーム。当然操作が全くわからず、オペレーターが入社。デザイナーがアナログで描いたキャラをオペレーターが制作するもうまく伝えられず、オペレーターの作業を横目にどうしても自分で操作したくなりました。
 ついに myMac購入!!当時はまだ高価で周辺機器含めお値段ドドーーンとウン十万円!! 今思えば人生初ローンでした。(笑)
09
―― フリーになったきっかけは?
 会社でだんだん立場が上になり、描く事よりも他の仕事が増えていった事です。原点にかえってもう一度頑張りたいと思いました。そしてやはりMacの導入も大きかったと思います。資料探しやコピーなどの作業が個人でもとても簡単になったので、思い切りました。
 紆余曲折ありながら、現在まで何とかイラストレーターを続けています。失敗や挫折もたくさんありましたが、続けてきてよかったと思います。だって小さい頃の夢が叶いましたから。

アートスクール講師として

―― アートスクールの講師になってよかった事は?
 フリーになってからずっとデジタルで描いていたのですが、講師をさせていただくにあたってアナログを再び。ここだけの話、最初のひと筆は手が震えました(笑)でも三つ子の魂百までとはよく言ったもので、覚えてるものですね。
色鉛筆・アクリル・photoshop

色鉛筆・アクリル・photoshop

ポスカ

ポスカ

 講師の方々からはもちろん、生徒さんから教わる事も多いです。最近生徒さんにiPhoneでイラストを描くアプリを教わりました。これが結構お手軽なのに使えるツールで。電車の中やカフェなど、ちょっとした空き時間に描けるのが気に入っています。電話で絵が描けるなんてすごい時代になりました(笑)
iPhone& 指

iPhone& 指

 ここアートスクールには様々な出会いがあります。絵を描く以外にも得るものはとても多いと思います。私自身漠然とイラストレーターになる夢だけで手探りで突っ走ってきましたが、あの時にこんな学校があったらきっと通いたかった。
―― 通信講座について
 私自身、過去に何度か色々な通信講座を受けた経験がありますが、ダメダメな生徒で続いたためしがありません(笑)そんな私が通信講座の添削をさせていただくのは大変恐縮なのですが、少しでも楽しんで取り組んでいただけるよう心掛けています。私の担当はイラスト上級コースなので、厳しい添削になってしまう事も多々ありますが、そこで完結してしまうのでなく何か次に繋がるものでありたいと思っています。
―― 続けるコツは?
 楽しむ事かと。楽しくないと続けられませんから。うまく描く事だけにとらわれすぎて硬くなりすぎてしまったり、描く事が億劫になってしまっては意味がありません。過去の教訓です…(笑)
最後までおつきあいいただきありがとうございました
富畑 満理枝 プロフィール
富畑 満理枝

大阪芸術大学芸術学部美術学科絵画専攻卒業
イラストレーター事務所を経て、ステーショナリーメーカーに就職。
おもにファンシーキャラクターの制作に携わる。以後フリーで活動。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
求人情報
このページのトップへ