色について 【 色相・彩度・明度編 】

絵本コースでは、各画材研究の最後にその画材を使っている、
もしくはその画材で描写可能な絵本作家さんの作品の模写を行なっています。

これは、作家さんがどのような構図、色使い、考えで描いているのかを探り、
自分にないものに気づき取り入れるためにも、
とても重要な工程です。

 

その際、よく生徒さんに「同じ色が出せない。」
「どう色を作ればいいかわかならない。」と
相談を受けます。

普段から絵具に触れる機会がないと、
いざお手本と同じ色がない時
どうやって混ぜればその色になるのか、わからないですよね。

でも、色の原理さえ分かってしまえば、
マゼンタ、青、黄色の3色さえあれば
ほとんどの色が作れるようになります。
今回は、そんな色についてお話ししていこうと思います。

 

色には、簡単に分けて3つの要素があります。
【色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Value)】
この3つを把握しているだけで色の作りやすさは、
格段にアップします。

 

では、色相、彩度、明度とは何なのか。

一般の方だと聞いたことないか、
「名称だけ知っているけど、どう違うのかわからない。」
っていう人も多いでしょう。

 

まず「色相」からお話しします。
みなさんが「色」と聞いて初めに思い描くものは、
黄色や赤などの色味ではないでしょうか?
上記の色味は色相といい、
どんな色合いの絵にするかを決める重大な要素です。
ですが、単に黄色といっても色んな黄色があります。
純粋な黄色、オレンジがかった黄色、黄緑に近いような黄色
その度合いによって絵の印象は大きく左右します。

 

色相環

こちらは先述した色相をサークル状にして、
同系色、補色を一目で確認できる表です。
上図の隣り合わせの色が同系色、
対面しあっている色が補色となります。

・同系色
同系色を混ぜることで、
黄色だったらオレンジよりの黄色、黄緑寄りの黄色と調整できます。
同系色同士だと混色も綺麗に混ざり合います。

・補色
補色とは、お互いを混ぜ合わせることによって黒に近く色です。
補色を混ぜることによって
上記で述べた黒を混ぜる方法よりも、
深みを加え彩度を落とすことができます。
よく絵を描く際、無自覚にくすんでしまうことはないでしょうか?
それは、補色が筆に付いたり、残っていたり、
補色をそのまま画面上で混ぜ合わせている場合がほとんどかと思います。
綺麗に画面上で混ぜ合わせたい場合は、
同系色で中間を混色してあげながら
混ぜ合わせてあげるとうまく混ざります。
補色はお互いに与える効果が強いため、
濁らせたくない場合は気をつけて使用しましょう。

 

つぎに「彩度」
色の鮮やかさを決める部分です。
鮮やかな黄色にするのか、
くすんだ黄色にするのかはここで決めます。
彩度の高い色ばかりで絵を描くと鮮やかで元気な絵になり、
彩度の低い色ばかりだと渋く落ち着いたシックな印象になりやすいです。
鮮やかな色ばかりを使いすぎてしまうと
「何が主役なのか」がぼやけてしまったり、
目に痛い画面になったりすることがあります。
そんな時、目立たなくていいところ
彩度低めに描いてあげると主役が目立ってくれます。
そんな名脇役を生み出すことが出来るのもこの「彩度」です。

 

補色表

 

こちらは黄色と青の補色表です。
一番上の黄色と、左の縦一列の青は、
補色が混ざっていないため綺麗な純粋な色かと思います。
ですが、だんだん黄色は下に行くにつれ、
青は右に行くにつれ彩度が低くなり、
真ん中斜めのラインが無彩色になっています。
(パソコンでのCMYのみの色味のため若干色がついております。)
このように補色を混ぜ合わせると、
彩度を調整することができます。

 

最後に「明度」
明度は明るさの度合いです。
明度を高くすれば白に近づき、
明度を低くすれば黒に近づきます。
よく、彩度を下げるには黒を混ぜればいいと思っている方が多いと思うのですが、
黒を混ぜても暗くなって明度が下がるだけなので、
綺麗な深みのあるくすみは出せないのです。
では、どのように明度を使いこなすのでしょうか。
答えは「コントラスト」です。
明度が一定の場合まとまりが出て、
明度差が大きい場合絵にメリハリが出ます。
静謐な印象の絵でしたら、
コントラストの低い絵の方が好まれるかと思いますが、
絵本は特に迫力のある画面作りも大切となってきます。
なので、配色の際に見て欲しい部分と
引っ込んで欲しい部分の明度差をあげることによって、
より締まった迫力のある画面に仕上げることが出来ます。

 

明度表

 

黄色の明度表です。
左縦一列が無彩色で、
右に行くにつれ黄色が濃くなっています。
下一列が黒に近く、
上に行くほど明るく白に近い純粋な色合いになっているかと思います。
単に明度の調整でしたら白や黒を加えるのみで可能です。
ただ、黒に寄りすぎる傾向があるので、
深みを出したい場合は向いておりません。

以上が色相、彩度、明度の違いです。

簡単にまとめると

色相=赤、青、黄などの色の違い
彩度=鮮やかさ
明度=明るさ

となります。

色を構成する要素を理解するだけでも、混色する際考えやすくなります。
前半で述べた、マゼンタ、青、黄色の混色方法は
またいずれお話もさせていただこうと思います。

私は色を詳しく勉強した訳ではなく、
自分で数多く混色することによって、
色の関係性を理解できるようになりました。
色は画材によっても現れ方が全然違います。
混色の上達方法は、いかに色に触れるかだと思うので、
みなさんもたくさん色と触れ合って混色を楽しんでくださいね。

 

 

生川 彩

生川 彩
Profile

2011 ギャラリー葉「ずーたの招待状」
2013 神戸芸術工科大学デザイン部
   ビジュアルデザイン学科絵本コース卒業
2013 ギャラリー葉「ず ーたのおもちゃの箱」
2014 ギャラリー葉「ずーた&M&Nのおかしの国」
2015 ギャラリー 葉「ものがたり展」

Message
絵本は自由で楽しい世界です。
最初は不安に感じることも多いかと思いますが、不安がわくわくに変わるよう制作の経験を生かし、
共に考えアドバイスしていきます。
自分の頭の中だけで描いていたストーリーやキャラクターが動きだし一冊の本になっていく達成感は
とても楽しいですよ。
個人の”やりたいこと”を大事にし、絵に親しみ楽しんで制作していきましょう!
ArtWorks
講師インタビュー

 

 

生川講師が在籍している絵本コースのコース紹介はこちらです。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
このページのトップへ