梅造ブログ10月号

10月も半ば、各大学の選抜試験(旧AO試験)も一次が落ち着き、合格者が多数出た本校ですが、

選抜試験合格の生徒さんは、まだすることがあります。

それを今回は少しお話いたします。




まず、選抜試験に合格された方、おめでとうございます!

がむしゃらに練習されただけあって、いい結果が出てよかったですね。



さて、当アートスクール大阪受験科では、選抜試験に合格したらそれで終わりということではありません。

実は選抜試験はAO試験の時代から、早めに合格する分、

まだ訓練が足りないところがある生徒さんが多いということに気を使わなくてはなりません。

大学受験は、どの学部を受けるにせよ、生徒さんは大変なストレスと不安を感じています。

選抜試験は試験日が一般試験に比べ半年ほど早く行われます。

合格発表も当然半年ほど早くなります。

まあ、合格には変わりないので、生徒さんのストレスも一気に吹き飛んだりします。

これは大変いいことです。



ですが、一般試験を受ける生徒さんは、あと半年訓練を続けるわけです。

そして合格していく。

4月になって大学で、みな机を並べたとき、この半年間の差が、かなり出てくるのが実情です。

この半年の訓練期間と内容は、かなりの差を生みます。



選抜試験を行った大学は、4月の入学までにそれぞれの大学の考えに沿った『課題』を合格した方に課してきます。

あるところはデッサン、あるところは色彩構成、あるところは学科、あるところはレポートなどです。

それらは大学に入ってくるまでに、

足りないだろうと思われるところを訓練してから入学してくださいと言っているようなものです。

選抜試験に合格した生徒さんは、ある意味大学受験は終了したようなものです。

ですから気が緩んで、遊んでしまう。

その課題や足りない技量を独自でしていけるならば問題はありません。

が、それは実は大変なことで、なかなかできるものではありません。






アートスクール大阪は、それを生徒さんに理解してもらい、課題作成も指導としてお手伝いしながら、

足りないと思われる技量もサポートして行っています。

引き続き教室には通っていただいていますが、大学受験用ではなく、

『腕を伸ばす・スキルを積む』といったところに目標をシフトしてもう少し訓練をしていただいています。

まあ、大学受験のストレスはほとんど消えていますので、

のびのび自分の目標へのスキルを積んでいくわけですから、楽しんでやっていって構わないわけです。

選抜試験合格の生徒さんの顔も変わってきています。いい感じです。



一方、一般試験を受ける生徒さんは、これからが正念場です。ストレスもあります。

なんとかあと少し、耐えていただきたいものです。

あと4ヶ月~5か月ほど。大変でしょうけど、我々講師陣も全力でサポートしていきます。



選抜試験合格した方、これから一般試験を受ける方、あと少し。

一緒に頑張っていきましょう!!






ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:00 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
このページのトップへ