夏期講習会が始まりました!

アートスクール大阪でも、夏期講習が始まりました!

画塾であろうと、学習塾であろうと、学校であろうと、『夏期講習』がよく行われます。

 

私も子供の頃、夏期講習を「夏休みになっても勉強か~」と思っていて、『夏期講習』という言葉が嫌いでした。

でも、だんだん大きくなってきて、夏期講習の値打ちが少しづつ分かってきて、絵を習い始めた頃、やはりしんどいとは思っていたんですが、5月~6月ごろの一ヶ月の自分の成長と、7月8月の夏期講習の期間の一ヶ月の成長を比べると、格段に違うことがわかりました。

 

夏期講習は、数ヶ月分、画力が上がるんです。

不思議でした。

確かに意識は平時とは違っていました。

それだけではありませんが、夏期講習に集中しただけで、これだけ上がるのかと自分でびっくりしたものです。

 

そう、本当に実力が上がるんです。

 

夏期講習に参加した時と、しなかった時とでは、9月始めでその差に愕然とするんです。

参加しなかった場合、本当に自分だけ格段に遅れたことを実感し、取り返しのつかない後悔に見舞われます。

そういう人を、何人か見ました。

後日そういう方は、二種類に分かれます。

進学をあきらめるか、心機一転、もう一年頑張るかです。

 

すでに春から梅雨にかけて、訓練を積んできている生徒さんは、すでに技術力はかなり上がってきています。この夏期講習で、さらに大幅に前へ進むでしょう。

生徒さんらは、今は実感していないと思います。でも、9月にはきっと実感してくれると思います。

 

9月になった途端、「総合型選抜(旧・AO入試)」の目前に生徒さんは立ちます。試験日まであと数日といった本当に瀬戸際に立つわけです。

でも大丈夫。「『夏期講習』を受けるから!」です。

 

「総合型選抜(旧・AO入試)」を受ける生徒さんには、私個人としては、こう言っています。

「とっとと大学の合格通知受け取って、ストレスなくして、プロになる訓練を始めようぜ!」

 

「総合型選抜(旧・AO入試)」で合格した人の本当の正念場は、入学までの半年にあるんです。入学した時、一般入試で入学した人と肩を並べますが、一般入試合格者は、3月まで死に物狂いで訓練していた人たちです。

「総合型選抜(旧・AO入試)」で合格し、そこで訓練をやめた方は、4月でその方達には太刀打ちできない状態になっているわけです。

そこで、3月まで手を止めることは、致命傷となってしまいます。

 

「総合型選抜(旧・AO入試)」を受験する方、夏期講習で一気に腕を伸ばし、まずは合格してしまい、次の訓練に入ることを考えましょう。

 

2月・3月の試験を受ける生徒さん、まだストレスはあることと思いますが、この夏期講習で、一気に腕を伸ばし、その技量を秋の間にさらに伸ばし、冬期講習で確実のものとして2・3月の受験に臨みましょう。

今のあなたでは、まだ合格はできない段階です。夏期講習で技量の貯金を一気に増やしましょう。

 

夏期講習は、どなたも一気に伸びるんです。ただし、ちゃんとやればですが……

 

アートスクール大阪の夏期講習は、途中からでも参加できます。

参加期間の長い・短いでは、さすがに伸びに違いは出ますが、今日、この文を読んで「よしっ」と思った方は、夏期講習期間を1日でも長く訓練を受けて、受験に向けて技量の貯金を増やしましょう!!

 

添付の画像は、すでに前から訓練を積んでらっしゃる生徒さんのものです。

夏期講習前から教室で訓練をし、家でも訓練を積んだりしている。

なんか、武士の心意気みたい(笑)

 

夏期講習や訓練を始めていない方、写真の方達は、まだこれから伸びます!

余裕すら少しですが、感じられ始めています。

 

この方達が、あなたの相手なんです。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:00 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
このページのトップへ