推薦入試の時期に入りました-デッサン課題についての注意点-

11月です。AOも終わり、推薦入試の時期に入りました。


↑反射光などもう少し明るい中間色が欲しいですが、パプリカのツヤツヤした感じが伝わってきます。

京都造形芸術大学はAOと推薦で課題が違うので大変ですね。
デッサン課題は「紙コップ3個+指定されたいずれかのモチーフ」と、
あらかじめ課題が分かっているので対策がしやすいのですが、
「指定されたいずれかのモチーフ」のバリエーションが結構広いため、
苦戦している生徒も多いようです。

そこでつまずいているのならまだ良いのですが、
紙コップについて未だ注意を受けている子は要注意です。

「大きさがそれぞれ違う」「楕円がおかしい」「上と下の楕円の比率がおかしい」
「コントラストがない」「色が薄すぎる」・・・

これらはデッサン初心者にありがちなミスですが、
1回1回のステップアップで改善していけるはずです。
紙コップは絶対に出るのですから、今のうちにたくさん練習して、
主役となるモチーフに時間を割けるようにしていきましょう。

ただ描いているだけでは上達しません。
「どう形がおかしいのか」「色が薄いならどうすれば良いのか」…
自分で気付き、考え、作品に落とし込んでいくことが何より大切です。

自分自身がやる気を出して改善していかないと合格できませんよ。
毎回同じ注意を受けないよう、頑張ってください。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:00 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
このページのトップへ