芸大受験・美大受験のための道具

今日は、画塾や大学で使う道具のお話をちょっと。

まず鉛筆です

削り方がだいぶ違います。
皆さんは、今まで鉛筆削りで鉛筆を削っていたと思います。
実はこれは、『文字を書くため』の削り方であり、芯の量です。

鉛筆デッサンなどでは、かなり芯を出して削ります。
これは、いくつか理由があって、
・ななめに使った場合、大きな面に一気に塗れること。
・かなりとがらせるのは、受験会場で鉛筆を削る時間がもったいないから。

が主な理由です。

 

鉛筆の芯の違い


確かに芯は折れやすい。けど、これを折れないように強いデッサンを描けるようになるのも訓練です。

こんな芯には、鉛筆削りではなりませんので、ナイフで削ります。皆さんはカッターナイフと言う事になるでしょう。

鉛筆削りの練習もいりますね。

これも当校ではちゃんと教えます。きれいに安全に削れる方法を。

安心してください。

 

かなり尖った鉛筆

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:00 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
このページのトップへ