京都市立芸術大学コース

関西では、歴史・実績に裏打ちされた京都市立芸術大学があり、浪人して進学する人も多く、競争率以上のレベルの高さが伺えます。
梅造では、京都市立芸術大学入試に特化したコースを設け、京芸卒の講師が専門性の高い指導を行います。
京芸入試で要求される基礎力とバランス、独自性を養うためのカリキュラムを作成し、受験指導を進めます。
学科授業では、センター入試対策として少人数制授業を展開しており、実技・学科の両方をバランスよく学ぶことで、レベルアップ&合格へ導きます。
私立大学の併願・実技対策にも対応します。

総合能力が必要です

京都市立芸術大学の場合、美術・デザイン・工芸学科の実技試験科目は、描写・色彩・立体の3科目が、総合芸術学科は描写・小論文の2科目が必要です。
そのため、受験生の学習範囲が非常に広く、早期からの受験対策と総合能力が求められます。
よく学校の先生が、「芸術系大学の現役合格を目指すのなら、高校1年生頃から始めなければ難しい」と言われるのは、国公立大学ではセンター試験(学科)と実技試験の両方の対策が必要となるためです。

生徒さんの作品

生徒さんの作品

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
このページのトップへ