ONLINE

【マンガ】第1回 背景練習 課題『透視図法の説明/色々なボックスの作成』

背景

●背景練習 
透視図法を学び、イメージした部屋の中をご自身で組み立てて描いていきます。

1.『透視図法の説明/色々なボックスの作成』 一点透視と二点透視での箱←今回はココ!!
2.『窓を描く/パースのついた並んだ窓の取り方/パースのかかった円』
3.『机と椅子を描く』 一点透視と二点透視で
4.『一点透視 部屋の中①』 部屋や家具のサイズ(一点透視で描かれた絵を見本に描くのでも可)
5.『一点透視 部屋の中②』 小物、人物入れ(用意した背景に描き込む。①でご自身で描いたものに描き込むのでも可)

同じキャラの顔が描けない…
顔は描けるけど全身は苦手…
背景が全然描けない…
コマ割りってどうやるの???

そんな、マンガに興味はあるけれどいざ描こうとなると難しい…という方向けにさまざまなカテゴリー分けをしたカリキュラムをご用意しました!
その中から興味のあるカテゴリーを選んでいただき、そのカテゴリー内の5つの課題に取り組んでいただくことができます。

課題は1回完結のものもたくさんあります。カテゴリーを全部順番通りに受講されなくても大丈夫!気になる課題だけを受講することも可能です。※1

用意する画材は紙と鉛筆だけ!もちろん普段デジタルツールを利用されている方はそちらでもご受講いただけます。※2

授業は講師が描き方の説明を行った後、皆さんにそれぞれ課題を作画していただきます。
最後にその日描かれた作品を講師がその場で添削させていただきます。

まずは気軽に、マンガの基本を学んでいきましょう!

※1 ただし続きになる課題の場合でもその前の課題説明はありませんのでご了承ください。
※2 デジタルツールの使い方の指導はございませんので、ご自身で操作出来る方に限ります。

◆受講時間:60分(課題説明・作画・添削時間を含みます)
◆回数券:1回につき1枚
◆使用したテキストは、終了時にデータでお渡しいたします
◆受講いただくZoomアドレスは、開講1日前に art-school osaka (noreply@coubic.com)よりメールでご案内いたします。
 当日になってもメールが来ない場合は manga.artschool.online@gmail.com までご連絡ください。
◆アナログ/デジタル、どちらの作画でもご参加いただけます

✅ ご予約前にご確認ください。
ルールや注意すること
● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。
● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。※受講までにご自身で環境テストをしてください。
● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。
● 受講の際、受講生側は、こちらで確認しやすいように申込時と同じお名前(名字・カタカナのみでも可)で入室ください。Zoom入室までにお名前の変更をお願いします。
● 受講生側のVR背景やビデオなしでの受講も可能とします。
(作品を見せる時だけビデオをオンにしたり、デジタルで参加の場合は画面共有があります。)
● 受講開始10分前から入室可能とします。
● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。
● 授業中は発言の順番をお守りください。
● 遅刻された場合、改めてカリキュラムの説明は行いません。
● カリキュラムは同カテゴリー内で順番に受講していただくのが望ましいです。ただし止むを得ない場合は順番を飛ばしての受講も可能です。その場合、受講されていない回のカリキュラムの説明は行いません。
● 時間内に出来上がらなくても構いません。その時点で出来上がっている部分についてのみ講評させていただきます。
● 受講人数によっては全員の講評が出来ない場合があります。その場合は希望者のみの講評となります。
● 複数人数で受講する場合、講評の時には描かれた作品がその時受講している他の受講生にも見られる形になります。他の方に作品を見られるのが苦手な方は、個別受講をお勧めいたします。
● カリキュラムによっては次回の受講で続きの作業を行うものもあるので、その場合、受講時間内に仕上がらなければ、次回受講までにご自身で仕上げておいていただきます。
● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。

受講生が用意、負担する物
■ 機材/PCでの参加推奨。 (アナログでの参加でwebカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクが必要)。
スマホやiPadなどでも参加はできますが、Zoom内でデータのやり取りができないため、別途こちらからの課題のデータなどを受け取れる環境(メールなど)のご用意をよろしくお願いします。
マイク付きイヤホンやヘッドセットは、マイクなどが内蔵されているPCなどであれば無くても参加できます。
ただしこちらで音声が聞き取りにくい場合は、ご利用をお願いする場合があります。
(iPadなどで参加される場合はカバーなど外された方が、マイク性能が良くなる場合があります。)
■ アプリケーション・ソフトウェア/Zoom、E-mail
デジタル作画で参加される場合はそのアプリやソフト(使い方の指導はございません。)
■ アカウント取得/Zoomや Google アカウントなど上記に関する物。
ただしスマホやiPadなどで参加の方は課題などのデータファイルを受け取れる環境(メールなど)をご用意ください。
■ 画材/紙(B5~B4程度の白い用紙(コピー用紙や原稿用紙など))。
スケッチブックやクロッキー帳も可。(ただしノートは不可)・鉛筆(シャーペンなどの筆記具)・定規
■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)

その他
▲ CLIPSTUDIOPAINT などのアプリを使ったデジタル作画での受講も可能です。ただしこちらで使い方の指導はございませんので、ご自身で操作できる方に限らせていただきます。

▲ 基本は PC での受講を推奨します。ただし、PC 内蔵の web カメラの性能によっては、受講生の作品をはっきり見ることができないため、その場合はスマホカメラで画像を撮る(見せる)ことをお願いする場合があります。

◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【manga.artschool.online@gmail.com】