ネームを描く上で知っておきたい技術

イントロや場面転換を意識したことはありますか?
あなたのマンガを初めて読む読者にとって、そこは未知の世界です。イントロや場面転換などで大事な基礎情報が描かれていないと、読者は全く意味が分からないままです。そして『意味が分からない=つまらない』と思われることも!
本講座では、読みやすいマンガにするための情報の見せ方、さらにコマのメリハリについてご紹介します。
さらに練習問題を使って、実際に短いネームを作ってみましょう!
お好きな講座を入校前に1回だけ無料体験できます!
ぜひクリイエのオンライン講座を体験してみてください!

講座詳細

担当講師:藤山北斗 たかぎ みわ

受講時間:60分(チケット1枚)

講座形式:座学・実技

開講曜日:土曜日、日曜日

開講要件:1人以上の受講より開講(最大3名まで)

ご用意いただくもの : 絵が描ける用意をお願いします。
アナログ画材、デジタルツール、どちらの使用でもかまいませんが、道具などはご自身で用意していただくことになります。

アナログ・・・ネームを描けるA5~A4サイズ程度の紙、鉛筆、消しゴム、定規など
デジタル・・・[マンガ]では、CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を推奨しています
(CLIP STUDIO PAINTがない場合、MediBang Paint(メディバンペイント)でも可)
(本講座では、デジタルツールの使い方に関する指導はありません。デジタルツールの使い方にご興味ある方は、こちら←をクリックしてください)
(他にご自身で使えるソフトがあれば、そちらを使っていただいてもかまいません)

講師よりメッセージ

読みやすいマンガには、読みやすくするための暗黙のルールがあります。そのルールを押さえれば、あなたのマンガの面白さをより読者に伝えることができます。特にマンガの設計図であるネームにはそのルールがたくさん詰まっているので、ぜひポイントを押さえていきましょう!
お好きな講座を入校前に1回だけ無料体験できます!
ぜひクリイエのオンライン講座を体験してみてください!