テンペラ油彩の混合技法セミナー

semi_pencil

テンペラ油彩の混合技法とは、油絵具とテンペラ絵具を併用して描く古典絵画技法です。

陶器のような絵肌が特徴で、細密描写も可能です。油彩の重圧感は苦手だけれど、水彩では少し物足りないという方にはおすすめです。

※参加ご希望の方は、参加表にご記入ください。(初回の方は参加表にその旨ご記入ください。)

セミナー風景

  • 制作風景
  • 講師と生徒
  • 作品
担当講師 藤原講師
実施日 毎月第2土曜日・第4水曜日
時間 初めて参加される方 14:00~18:00
2回目以降の方 15:00~18:00
参加費 無料
材料費 基低材となるシナベニヤの購入費 1枚400円
その他材料費200円 【1枚当たり 計600円】
用意するもの 油絵の具、テンペラ顔料、耐水ペーパー、オイル他
水彩用の筆(1~2号程度)※コリンスキーが望ましい。
※詳しくは講師にご確認ください。

※開校日は変更のおそれがあります。セミナー表をご確認の上、受講してください。

今月分のアートスクールで開催しているセミナー表

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
求人情報
このページのトップへ