特集/コミックイラスト講師インタビュー

LINEで送る

keyindex

 <1>絵を描き始めたきっかけ

◆絵を描き始めたきっかけは?

小学一年の時に図画工作の先生に絵をほめていただいた事がきっかけでした。「いいね」とか「うまいね」とか。顔が真っ赤になって気持ちがウキウキして、かくれてしまいたいような恥ずかしさもあって、それから絵を描く事が一気に好きになりました。
その後二年か三年の頃、漫画の存在を知ってからはヒマさえあればかわいい女の子の落書きばかりするようになりました。

◆うまくなる為に苦労や悩みがありましたか?

幼い頃は自分の中の引き出しの数も少なくて、悩みもシンプルで端的なものが多かったです。
向かって右向きの顔がうまく描けない…とか、女の子の絵しか描けない、全身図を描き上げる根気がない…等々。描いている時は「すごくうまく描けた!」とウットリできるのに、少し時間がたつとウソのように下手に見えるのが、まるで狐につままれたみたいで不思議で仕方がなかったり…。自分の描くものに対する不安や不満を慢性的に漠然と抱えていました。
中学生になって、漫画絵を描く友達も少しづつ増えてきましたが、自分が下手な事を知られたくなくて、悩みを相談する事もなく、悶々としていましたね。

◆当時、具体的に取り組まれた練習方法や、これが良かったなどはありましたか?

具体的には中•高通してデッサン•クロッキーをよくやりました。
当時は絵が好きならやるものだから、くらいの気持ちでしたが、時がたてば立つ程、やっていて良かったなと感じます。特に私は「受け身」で「消極的」な性格だったので、ものの形を把握する力や、絵を描きあげる為の粘り強さは、落描きばかり続けていても決して身に付ける事ができなかったと思います。

<2>漫画アシスタント時代

それから、これが良かった、という点は、高校生になって漫画家の先生のアシスタントに行けるようになった事でしょうか。技術的にも精神的にも大きく変われた時期でした。
アシスタントを始める少し前に、飲食店で生まれて初めて「働く」という事を経験していましたが、それが思っていたよりも大変な事で、自分は先々どんな仕事をやっていくんだろう?と考えるようになっていた頃でした。「好きな絵の仕事につけたらいいな〜」と漠然と思ってはいましたが、それはあくまでフワフワとした「夢」や「あこがれ」でしかなくて、現実的な「目標」や「目的」になりえていませんでした。そこに一歩踏み込めた時期だったと思います。働くならば「好きな事」を仕事にしたいと割り切れてから、様々な見栄や不安から解放されて、頑張れるようになりました。

◆アシスタントの現場はどんな感じなのでしょうか?どのくらいされたのですか?
美術の短大を卒業する頃には月刊連載の作家さんのところに,月3件はレギュラーで入るようになっていて、単発や助っ人も含めると、相当数の作家さんの修羅場を渡り歩いていました。当時、関西の作家さんのアシスタントは水面下で結構つながっていて、よく情報交換などもしていました。夢のように楽しい修羅場もあれば、目を疑うくらい劣悪な修羅場も存在します。現場でのエピソードは今でもアシ仲間と飲むと思い出話がとまりません。
その頃、同人誌の存在を教えてもらって自分も作るようになったのですが、先生の修羅場が終わったらそのまま同人誌の修羅場にスライドして先生やアシ仲間と合同で本を作ったりもしました。とても楽しかったです。

◆アシスタントはなぜ辞める事になったのでしょうか?
歳がばれるので何年続けたとは申しませんが、かなり長く続けていました。月一週間、東京の作家さんの所にも出向くようになっていて…。けれど、徐々に周りを見渡せば辞めて田舎に帰る仲間が増えて来たり、体力的な面でも先行きに不安を感じるようにもなっていました。基本、泊まり込みの現場が多かったのですが、各修羅場によって睡眠サイクルがちがうため、不規則な生活リズムが常態化して、自律神経失調気味にもなっていたと思います。
そんな事が主な要因ではありました。

◆漫画家になろうとは思わなかったのでしょうか?
同人誌で二次創作にガッツリハマってしまって、そちらの活動で年に6〜10冊は本を作るという事を夢中で続けていて、どうしても投稿作を作ろうという気持ちにはなりませんでした。長年のアシスタントで、プロの漫画家の制作の厳しさは嫌という程すぐそばで見て参りましたし、チャレンジする事すらなかったです。

dozinn

<3>コミックイラスト業界へ

◆コミックイラスト業界を目指したきっかけは?
アシスタント先でイラストの仕事をされている方に出会ったのがきっかけでした。ポートフォリオの作り方や営業の仕方を色々教えてもらって、その時にとても勇気づけられたアドバイスがあったんですが、「イラストレーターは名刺を作ってそこにイラストレーターと銘打てば、それでプロのイラストレーターになる。ただ、仕事のあるイラストレーターと仕事のないイラストレーターに別れるだけで」と。シビアにもうけとれましたが、ゆるくアバウトにも感じられて自分に向いていると感じました。半年後には営業活動に入っていたと思います。

◆営業の成果は?イラストレーターへはスムーズに移行したのでしょうか?
編集部から半年以上はまったく音沙汰なく、あきらめかけた頃に猫の雑誌と賃貸情報誌からイラストと漫画でそれぞれ依頼がありました。ただ、二件仕事が入って、途端に生活できる収入にはなりませんので、徐々にスライドしていく形でした。
イラストレーターの多くは「掛け持ち」が基本となっている方が多いと思いますが、それはイラスト×イラストだけではなく、イラスト×他の職種という掛け持ちも十分可能という事にもなりますので、無理なく移行してゆけたと思います。

◆現在はどのような仕事をされているのでしょうか?
「まちがいさがしキング」「クロスワードキング」等の雑誌で、毎号カラー、モノクロのイラストを描かせていただいています。また、教科書や企業・役所等のパンフレットにカラーの挿絵・漫画なども描かせていただいています。

◆イラストの仕事をされる上で大切にしている事は?
例外をのぞいてイラストレーターなど絵のお仕事はフリーランスの場合が多いため、ギャラ交渉やその形態、〆切~納期までの制作過程、また個々のタブー事項など多種多様です。近年SNSや、イラストレーターのコミュニティー、営業イベントなども盛んで、交流が容易になっておりますし。WEBや出版とイラストレーターの立ち位置もめまぐるしく変容してゆきますが、そんな中で、何かと相談できる同業の知り合いや友人がまわりに居た事で、私の場合は助けられた事が多かったですし、ずっと大切にしてゆきたいと思っています。

sigoto

<4>アートスクール講師

◆アートスクール講師になるきっかけは?
求人を目にして応募しました。元々、アシスタント仲間の紹介で専門学校の漫画コースの教務担任を何年かやった経験があり「講師業」にはまったく抵抗がありませんでした。

◆全日制の専門学校とアートスクールでは教える上で違いは感じましたか?
専門学校ではクラス単位で動いてカリキュラムも固定でしたが、アートスクールでは、時間をかなり自由に設定できますし、カリキュラムの自由度も高いです。前の学校で、レベルや段階も様々でジャンルや目標がそれぞれ違う学生さんに対して単一カリキュラムで進める事に何度か無理を感じる事がありましたが、そういう点でアートスクールは非常にやりやすく理にかなっていると感じています。

◆通信添削担当講師としては、いかがですか?
通信講座の添削は、アートスクール講師として教室に入るとほぼ同時に受け持つ事になりましたが、当初は目の前に学生さんがいらっしゃらない事に不安はありました。直接お話するのと、文章でお伝えするのでは、文章の方が冷たい感じにひびかないかしら?なども気になりましたし。ですので、添削の際には必ず「参考例」などもお作りして、目で見てわかるように心がけ、手紙でも出来る限り丁寧にご説明する事に気を配っています。
時々、専門性の強い質問を投げかけてくださる受講生の方もいて、可能な範囲ではありますが、得意分野の講師と相談して取り組んだりもしていますね。

matigaisagasi

<5>通信添削・メッセージ

◆通信講座で良く来る質問や、また気になる傾向などございますか?

<参考資料について>
「資料を見て描いてはいけない」と思っている方が意外と多いです。想像だけに頼らず、画像検索や好きな作家さんの絵からどんどん参考資料となる絵を探しましょう、と勧めると、「参考にしてよかったんですね?」と安心されます。「トレパク」等のタブー事項とリンクしてしまうみたいですが、「参考」と「トレス」は別物です。プロの作家さんでも画力を誇る方ほど、資料は疎かにしませんし、資料蔵書も半端無い量をお持ちです。また、描きたいイメージに対し、いかに資料を見つけ出すか、その資料をいかに自分の絵に取り入れていくかもぜひ学んでいっていただきたいポイントになります。

<トレスについて>
トレス自体を「罪悪」と思っている方によくお話しするのは、自作品として公に発表する作品でトレスするのと、訓練や練習でトレスするのでは全然意味合いが違ってくる、という事です。「トレス」自体は非常に勉強になる場合もありますので、目的をしっかり認識して、練習の一つに取り入れるのであれば、全く問題はありません。

<デジタル制作>
デジタルでの課題制作をしても良いですか?という質問もいただきますが、課題テーマをクリアしていただいた上で、プリントしてお送りいただければ添削は可能です。ただ、デジタル自体の指導(デジタル独特の表現やソフト•マシンの操作など)は通信では残念ながらしておりません。

◆最後に、インタビューをご覧くださっている方に向けてメッセージをお願いいたします。
絵に興味があって、うまくなりたい!…というお気持ちがあるなら、是非一度アートスクールの門をたたいてみてください!いずれプロを目指していきたい方、趣味を充実させたい方、そして趣味を探している方、大歓迎です。共に学んでゆきましょう!

chibi

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
求人情報
このページのトップへ