絵本づくりの考察 2.「擬人化」

先日、大阪市立美術館にて「江戸の戯画」展を観てきました。
有名な葛飾北斎の「北斎漫画」以外にも沢山の戯画というジャンルの絵が展示されていました。

その中でも歌川国芳の「金魚づくし」シリーズは、
生き生きとした金魚の「擬人化」が楽しい作品でした。
図録の表紙にもなっている「いかだのり」では、
金魚のヒレが手足となり、しっぽが着物の裾となり、まくり上げられ、
船頭の威勢の良さが表現されていました。

________________________________________

 

 

この「擬人化」は日本の戯画でもおなじみの古くからの手法で、
いろんな者(獣、物)が人間のように思考・行動することで成立します。
「鳥獣人物戯画」では猿や兎や蛙が駆け巡り、
人間の真似をして神仏を拝み、
「百鬼夜行絵巻」では、捨てられた古い道具達が付喪神となり
人間を襲い享楽をつくしている。
また、現在の絵本でも「擬人化」されるのは動物だけでなく、
「車」や「食べ物」から「歯ブラシ」まで、なんでもそろっています。

 

擬人化する際は「設定元のそれぞれの持つ性格、イメージ」が
そのキャラクターに影響するので、
好きだから可愛いからとビジュアルだけで考えずに、
その物語世界の広がりを考えて設定する必要があります。

 

例えば、カメレオンは保護色で目立たないから、引っ込み思案の性格。
目覚まし時計は毎日同じ時間に鳴るから几帳面な性格など、
それぞれの属性が性格に反映されるとイメージが掴みやすいのです。
ただし、もう少しひねって考え、
それぞれの属性とは反対の性格ならと考えるとお話のイメージは膨らみます。
カメレオンが目立ちたがり屋ならば、
どういう行動をとるのだろうか?
怠け者の目覚まし時計が、朝に二度寝すれば、
お話はどう進行するのだろうかと考える事が、当たり前でない世界に繋がります。

 

そして「擬人化」されたキャラクターが生き生きと行動する状況を考えれば、
絵本は楽しく進行するのです。

絵本コース講師 中田弘司

 

絵本づくりの考察・「起承転結」の記事は、コチラをクリックしてくださいね

 

中田 弘司

中田 弘司
Profile
制作事務所勤務デザイナーを経て、1989年よりフリーランス。
今までに幼児向け雑誌絵本等にて100話以上のお話の挿絵制作。
絵本をはじめ、「ビッグコミックオリジナル・増刊号」(小学館)表紙イラストや、
月刊誌「大阪人」にて歳時記や町歩きの画文の連載等、壁画からキャラクターま で多様な作品を制作。
東京・大阪・神戸にて個展多数。主な絵本に「ぷぅ」( 作:舟崎克彦/ポプラ社 )がある。
Message
目には快感、心に喜びを、気持ちを遠くに運ぶ絵本を目指しています。
仕事での経験を生かし、読者の視点も考えながら、作品を創るアドバイスをしたいと考えています。
ArtWorks
講師インタビュー

 

中田講師が在籍している絵本コースのコース紹介はこちらです。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
このページのトップへ