白亜地セミナーリポート 第⑤弾(金箔貼り編)

白亜地セミナーの黄金背景テンペラ実習は金箔貼りの工程に入っております。
今年の1月から始めたこの実習もついにここまできました。

今回、この実習のために金箔を購入しました。
100枚で17,000円でした。10年前は100枚で10,000円でした。
金が高くなってるんですね。

金箔は非常に薄くてほんの少しの空気の動きでふわっと飛んでしまうので、
エアコンや扇風機の風の届かない場所で作業を行います。

まずは金箔を箔貼り台に乗っけます。
ただそれだけのことが非常に難しい。

パレットナイフか箔切りナイフを金箔の表面から少し浮かせてスタンバイ。

金箔の端に向けて息をフッと吹きかけます。

すると金箔がめくれあがってナイフの上面にひっかかります。

そのままナイフを持ち上げて箔切り台のほうへ

箔切り台の任意の場所へフワッと持っていきます。

少々しわがよっていますので…

真上から息をフッと吹きかけます。
息の塊をポンと落とす感じです。

大きなしわがのびました。これで準備完了です。

さあ、次回は金箔貼りまっせ。

 

美術科 講師:松田

 

白亜地セミナーリポートの関連記事

白亜地セミナーリポート 第①弾(ボローニャ石膏塗り編)
http://www.art-school.co.jp/blog/art/227/

白亜地セミナーリポート 第②弾(下地削り編)
http://www.art-school.co.jp/blog/art/364/

白亜地セミナーリポート 第③弾(盛り上げ彫刻作業編)
http://www.art-school.co.jp/blog/art/751/

白亜地セミナーリポート 第④弾(箔切り台編)
http://www.art-school.co.jp/blog/art/793/

白亜地セミナーリポート 第⑥弾(卵黄を使ったテンペラ絵具編)
http://www.art-school.co.jp/blog/art/1432/

 

松田 一聡

松田 一聡
Profile
’01 東京芸術大学大学院油画技法材研究室終了
’11 「風景と静物画」展 (ホキ美術館)
’12 「重 力」展 (Gallery Suchi)
’13 アートフェア東京 2013 (Gallery Suchi ブース)
Message
物事を学ぶにあたっては一直線に目的に突き進むよりも、寄り道や遠回りをしたほうがより立体的な理解を得られるという事があるのではないかと思います。絵画の制作においても、寄り道や遠回りなど、一見は無駄に思えるような行為を経る ことで、最終的により豊かな表現に達することができると思います。そういった行程も絵画制作の楽しみのひとつです。脇道の向こうの風景に少しでも心が動いたら、迷わずにそちらの方向に足を向けて進んでみて下さい。
ArtWorks

松田講師が在籍している美術科のコース紹介はこちらです。

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
このページのトップへ